ガラスが割れた時の修理費用は火災保険で賄えば安くなる! ガラスが割れた時の修理費用は火災保険で賄えば安くなる!

ガラス屋に修理を依頼するなら火災保険の補償範囲かどうか確認

予測できないガラス破損事例

ガラス板

マンションのガラスが割れた、玄関のガラスにヒビが入ったなどの困ったトラブル事例と主な原因について見ていきます。

ガラスの様々な破損事例を見る

飛来物の衝突によるもの
街中にはいろいろな飛来物があって、ガラスの破損を招きます。小石が風に飛ばされてぶつかったり鳥が突っ込んできたり、強い衝撃がかかったタイミングで簡単にひび割れします。ボールを投げる、など故意の理由だけでなく、通常使用で避けられない原因があります。強風で飛ばされた洗濯物が当たる程度でもガラスが割れる原因になり、窓やドアが傷みます。
急激な温度の変化
エアコンがきいた室内と外気の温度差が大きいと、ガラスが割れるケースもあります。真夏には、直射日光が当たる昼間と夜間の温度差が破損の原因になり、大きなヒビが入ります。網ガラスでよく見られる現象で、温度差によって網目部分のワイヤーが急激に膨張して、中からガラスを押し広げてしまうことが原因と言われています。
経年劣化
長年住んでいる家のガラスが割れたときには、経年劣化を疑いましょう。頑丈なガラスとは言え、月日の経過でだんだん弱っていくものです。ちょっとした刺激にも耐えられなくなって、ある日突然割れてしまうケースがあります。ガラスの表面が曇ってきたり薄い色がついてきたりする様子が見られた場合、ヒビ割れ対策を急ぎましょう。

ガラス屋からの注意喚起

気がつけばガラスにヒビが入っていたことはありませんか?(ガラス屋)

日当りのいい場所のガラスは日光の熱が内部にこもり、ヒビ割れの原因になります。周辺のサッシは冷えたままなのにガラスだけが熱を持つと、温度差から引張応力が発生します。サッシが耐えられる範囲の力を超えるとガラスに負担がかかって、ヒビ割れする現象です。ガラスフィルムを張った窓などによく見られる現象で、施行した工務店の技術力にも影響されます。事前に熱割れ計算することである程度のリスクヘッジはできるため、専門業者に相談しましょう。

被害の拡大を防ぐためにも早急に対処しましょう

ヒビが入ったガラスは衝撃に弱い状態なので、空き巣被害が心配です。ヒビが入った部分をくりぬいてベランダの鍵を開け、侵入する手口が多々あります。ひび割れした様子は目立つため格好いいとは言えず、早めの修理を考えましょう。

費用の心配も火災保険で解決

ガラス修理費用についても火災保険対象になる可能性があることはご存知でしょうか。知らないと損するガラス修理と火災保険の関係を見ておきましょう。

ガラスの修理費は火災保険で賄えます

賃貸物件を契約したとき新居を構えたときに火災保険に入りますが、不測かつ突発的なガラスの破損に対しても火災保険が適用されています。対象範囲は保険の種類によって異なりますが、修繕費の一部もしくは全額をまかなえる可能性があります。ガラス屋に依頼してかかった領収書一式を大切に保管して、保険業者に問い合わせましょう。

TOPボタン