ガラスが割れた時の修理費用は火災保険で賄えば安くなる! ガラスが割れた時の修理費用は火災保険で賄えば安くなる!

ガラス修理で適用できる火災保険の補償項目の確認

火災保険の補償項目を確認する

割れているガラス

ガラスのどんなトラブルが火災保険の対象になるのか、火災保険の一般的な補償対象について知りましょう。

補償項目の内訳とは

風災補償
強い風で建物に被害が生じた場合、火災保険の補償対象とされています。飛来したもので窓ガラスが割れたりヒビが入ったりしたときのガラス屋に依頼費用についても保険適用できる見込みがあるので、契約会社に確認しましょう。
盗難補償
建物が保険対象となるプランに加入していた場合、空き巣が入る際に割ったガラスも対象です。ドアや鍵など他に壊されたものがあったらあわせて補償されるケースがあるため、かかった費用一式をまとめておきます。
外部からの飛来・衝突
台風や木枯らしでものが飛んできてガラスにヒビが入ったケースでも、火災保険の対象です。屋根瓦が外れて衝突した、TVアンテナが壊れてガラスを割ったなどいろいろなケースがあるため、ガラス屋依頼費用などを請求しましょう。
突発的な事故による破損
模様替えをしていてドアのガラスを割ってしまった、子供が窓にボールをぶつけたなど、日常生活の「うっかり」トラブルも火災保険の対象に入ってきます。火災保険対象が建物の場合と家財の場合で補償内容が変わってくるため、詳細を確認しましょう。

内訳について気になること

熱割れによる破損は補償対象内ですか?
熱割れが対象になるかどうかは、火災保険の契約内容によって変わってきます。一般的な火災保険では、破損・汚損損害特約を上乗せして契約します。予測不能な事故で受けたトラブルに対する費用を補償するための特約なので、熱割れによる破損が対象となるケースがあります。本当に予期せぬ出来ごとだったか、事前の対策で防ぐ事は出来なかったのかなどといった一定の条件は加味されますが、保険会社に問い合わせをしてみましょう。

加入時の契約内容を確認する

特約など細かい補償内容は契約ごとに異なるため、詳細を確認します。自分の火災保険内容が分からないという方は、今一度見直してみましょう。  

TOPボタン