ガラスが割れた時の修理費用は火災保険で賄えば安くなる! ガラスが割れた時の修理費用は火災保険で賄えば安くなる!

ガラス修理で火災保険の請求をする方法

火災保険の申請方法とは

作業員

火災保険請求しようと思っても、手続きが分からないと手間取ります。必要書類の準備から支払いまでどんな流れで進むのか、一般的な手続き方法を知り、もしもの時に役立てましょう。

記入する書類は2種類

火災保険を請求するために必要な書類は、保険金請求書と事故状況説明書の2枚だけです。指示内容をよく読んで記載すればすぐに終わる内容なので、心配はいりません。書き方が分からない場合は、保険会社の担当者に聞いてみましょう。

申請手続きの流れ

書類の入手

契約している保険会社に連絡して、トラブル内容を説明します。連絡先は保険証書に書いてある保険会社もしくは代理店です。対象の支払いが補償範囲に入ることを確認したら、保険金請求書と事故状況説明書をもらいましょう。

申請書類の記入

申請書類の内容をよく読んで、間違いがないように記入します。自分で記入する書類だけでなく、ガラス屋さんの見積もりや写真も必要なので、保険請求したい旨を伝えましょう。火災保険の扱いになれたガラス屋に依頼すると、書類の準備がスムーズです。

提出後・支払い

書類を提出した後、保険会社の現場確認が入ります。担当者と保険鑑定人が、自宅に出張して来ます。確かに提出書類と相違ないことを確認して、支払い準備を進めます。ガラス屋と共謀して免責金額以上に負担してもらおうとすると、この時点で指摘されます。

分からないことはガラス屋に確認する

火災保険手続きは慣れないことが多く、書き方や申請に手間取ります。ガラス屋に相談すると丁寧に教えてもらえるはずなので、相談しながら進めてください。業者によっては保険申請を代行してもらえるケースもあり、問い合わせ時点で相談すると安心でしょう。火災保険を切り口に「実質タダ」と不要なメンテナンスを薦める業者もあるため、信頼できるガラス屋選びが重要です。保険についてノウハウがあり、修理技術についても安心できるガラス屋に依頼しましょう。

ガラス破損の再発防止も大切

ガラスが壊れた原因によって対策法は変わってきますが、再発防止策を考えましょう。ガラス屋に相談すると、ヒビが入りにくい素材や工法を教えてくれます。

TOPボタン